雨漏り修理の業者の選び方~業者を決めたポイントとは~
雨漏り修理はどんな屋根でも対応でき実績ある業者に任せる
雨漏り修理は発生した場所によって違う~屋根以外にも発生する~
輸入住宅だけでなく全ての住宅で雨漏り修理は必要になる

特殊な液体を使用した雨漏り修理~レインボービューシステム~

雨漏りを特定する光る液体?

雨漏り修理では原因の特定が非常に困難です。正確に雨漏り箇所を特定できずに、再発するケースもあります。しかし、近年はレインボービューシステムによって、雨漏り箇所を特定しやすくなっています。レインボービューシステムとは、特殊な7色に発光する液体を噴射して、紫外線を当てます。紫外線を当てることで、特殊な液体が発光するので、雨漏り箇所を正確に特定することが可能になりました。画期的な雨漏り修理のレインボービューシステムでは、簡単に雨漏り箇所を特定できるだけでなく、低予算なのも魅力の1つです。

場所によって違う修理方法

雨漏り箇所は屋根だけではなくいろんな場所で起こります。ここでは雨漏りが発生した場所によって、どのような雨漏り修理を行なっているのかを業者に聞いてみました。

雨漏り修理に関するQ&A


屋根はどのような修理をしますか?
屋根の状態を最初に確認します。屋根の破損状況や雨漏り箇所に合わせて、雨漏り修理をする必要があるからです。
板金の劣化や破損が原因の場合は、新しい板金を取り付けて、適切な防水コーキングを行ないます。
屋根のスレートから雨漏りしている場合は、新しいスレートに交換します。交換や修理が困難なときは、屋根の葺き替えが必要になります。
経年劣化による雨漏りの修理方法は?
新築から長い年月が経過した住宅では、経年劣化します。屋根も経年劣化により、雨漏りが発生するので、屋根全体の修理が必要になります。
老朽化した屋根の場合、中途半端な修理では雨漏りは改善しません。また、屋根全体の修理をしないと、シロアリ被害やカビの発生など二次被害を引き起こします。早めの雨漏り修理が必要になります。
ベランダから雨漏りした場合は?
屋根以外にベランダから雨漏りすることもあります。ベランダも屋根同様に劣化が激しい場所なので、ベランダの床にヒビや亀裂ができることがあります。これが雨漏りの原因になります。
ベランダの雨漏り修理では最初に綺麗に掃除して、修理が必要な箇所を特定します。ヒビや亀裂に防水コーキングをして、散水調査をするのが一般的です。
TOPボタン