雨漏り修理の業者の選び方~業者を決めたポイントとは~
雨漏り修理はどんな屋根でも対応でき実績ある業者に任せる
雨漏り修理は発生した場所によって違う~屋根以外にも発生する~
輸入住宅だけでなく全ての住宅で雨漏り修理は必要になる

輸入住宅を雨漏りから守る~原因を知ることが雨漏り修理の第一歩~

輸入住宅が雨漏りするのは

雨漏り被害

素敵な外観が特徴の輸入住宅は、雨漏りしやすいといわれています。どうして輸入住宅が雨漏りしやすいのか、その理由を説明します。

雨漏りするのはこれらが原因

複雑な屋根だから
住宅の外観で重要な役割をしている屋根が、輸入住宅の場合は複雑な構造をしています。複雑な屋根構造が雨漏りを発生しやすくしているのです。屋根構造が複雑になると、その分だけつなぎ目が多くなります。つなぎ目が劣化することで、雨水が屋根の内部に浸入して雨漏りします。そのため、つなぎ目が沢山あると、雨漏りのリスクを高め、雨漏り修理が必要な住宅になるのです。
輸入住宅に慣れていない
輸入住宅は、日本の伝統的な住宅とは構造から建て方まで違います。そのため、日本の施工業者も不慣れなケースもあります。輸入住宅を完璧に建てるために、必要となる経験や知識を持っている施工業者が少ないことも要因の1つといえるでしょう。不慣れな施工業者に依頼すると、施工不良により雨漏り修理が必要になることもあります。
資材が気候に適していない
昔の輸入住宅の建築資材は、現地の気候や風土に適したものを使用していますので、日本の気候や風土には適してないこともあります。そのため、高温多湿の日本では雨漏りが発生するケースもあります。しかし、現在の輸入住宅では、日本の気候や風土に適した建築資材を使用して建てられているので、雨漏りのリスクは軽減されています。

雨漏り対策を万全にしておく

輸入住宅に限らず、日本の建物でも経年劣化や屋根の構造などによっては雨漏りする可能性はあります。住宅内部に雨水の浸入を防ぐためには、防水工事をする必要があります。特に、雨漏りが発生しやすい屋根、屋上、ベランダ、外壁、バルコニーなどの場所は、形状や使用目的に合わせて防水工事をすることが重要です。輸入住宅の場合でも、適切な防水工事を定期的に行なうことで、雨漏り修理の心配がいらない住宅にすることができます。

TOPボタン